知ってて損はしないイザという時のデリヘル英会話

デリヘルのプレイはしたくてもお相手が外国人だった時や海外に行った時でも役にたつ普通の授業では教えてくれない英会話術

*

松戸ではデリヘルでも英会話に通うことを推奨する

      2016/07/28

松戸にいるお気に入りのデリヘル嬢ができればその子のためにせっせと一定期間、あいだを開けて通っていたのですがその子が最近急に英会話に通いだしたのである。
勉強が大嫌いだったはずなのに、外国人の彼氏でもできたのかというとそういうわけではなさそうだ。少し突っ込んで聞いてみると店のスタッフから英会話に通うように促されたという。
近年では外国人観光客の訪日旅行が年々増加の一途をたどっているという嬉しい傾向がある。しかしその反面、フーゾク嬢を始め英語になれていない日本人が多いため外国人の対応がおろそかになってしまいがちなのである。確かに、松戸のデリヘルで働く子だけでなく我々のようなオヤジたちもまた英語には疎く、リスニングだけでも一苦労するものである。加えて、道行く外国人観光客に道の案内をしようと思ってもうまくいかないことが多い。そいういったことを解消するためにも非常に感心する彼女の決断でした。
2020年には東京オリンピックの開催も決定しており、松戸のデリヘルでは女の子たちもコミュニケーションをとるためにも英語教育が必要なのも頷ける。
しかし、松戸のデリヘルでは基本的に『外国人お断り』である。文化の違いや言葉が通じずコミュニケーションが取れないことなど様々な理由からトラブルを防止するためである。加えて、風俗であっても挿入が禁止の日本では例外や特例というものはないのだが、海外では風俗に対しての姿勢が違い挿入することが前提にあるからである。それでも外国人観光客の集客率は松戸のデリヘルでも非常に大きいため、店としては客として入込みたいと思うのも当然である。
国内のヘルスサービスを行う店として懸念していることといえば五輪開催における風紀の取り締まりの強化である。以前の五輪開催時には廃業を余儀なくされた風俗店が続出していた。できることならば贔屓にしている松戸のデリヘル店には逆境にも負けず是非とも生き残ってほしいものである。
男というものは単純なもので、贔屓にしたい店や女の子に対してはかなりコミュニケーションも積極的に取ろうとするもの。これに応えるかのように女の子もまた笑顔で対応してくれることは非常に嬉しいことでもある。
時にはジェネレーションギャップを感じながら松戸のデリヘルの幅広い年齢の女性たち全員と一度ずつ遊んでみたい、そんな夢を密かに持っていたりもします。
金銭的に見ても時間的に見てもかなりの無茶っぷりかもしれませんが、若者には負けないまだまだ現役な元気なオヤジでいたいと思っている次第であります。

 - デリヘル英会話教室

  関連記事

no image
東金でもデリヘル嬢を英語で喜ばせるためには

東金のデリヘルでも女の子を褒めて喜ぶというのは国境を越えても同じだと思うのもので …

no image
成田のデリヘルではほぼ無縁の海外の略語辞典

日本国内や成田のデリヘルのような文化は世界にもあるものです。どの国へ出張や旅行に …

no image
野田では片言でも覚えておくと良いデリヘルの英会話

野田のブロンドもデリヘルも大好きなおじさまよ、良い歳なんだから話し言葉くらいは英 …

no image
デリヘルで気持ち良い時に使ってみよう

様々なジャンルがあるデリヘルの店ですが、どの店にも共通して客が喜ぶこと気持ち良い …

no image
日本でも浸透してきている栄町のデリヘルのプレイ

ゲイの方なら我々以上に知っているであろう、アナルプレイ。無論、一般人の私にはゲイ …